ニキビ化粧水 > ニキビ痕の原因のスキンケアとインナードライ対策

ニキビ痕を治す近道はお肌のうるおい補給です!

ニキビ痕の原因のスキンケアとインナードライ対策

女性はニキビ痕がなかなか綺麗にならないと「どうしたんだろう?」と心配になります。 とくに数カ月もニキビ痕が残っている場合は女性ならば気になるのは当然です。 お肌の調子が良い場合はすぐに目立たなくなるけれどニキビ痕が変化しないケースもあります。

それどころかシミのようになってしまってきたら誰でも焦ってしまいます。 美白化粧品を利用する方法もあるでしょう。 でも数カ月間の長きに渡ってニキビ痕が残っているならば真皮層までダメージが及んでいるかもしれません。

ダメージを緩和することがニキビ痕を薄くするファーストステップです。 そして細胞を活性化させてターンオーバー(新陳代謝)がスムーズにできるといいです。 ここでは、ニキビ痕の原因のスキンケアとインナードライ対策についてお話をします。 ニキビ痕を薄くしたい!……そう願うならばやってはイケないスキンケアを理解しておきましょう。

まずは洗顔ですが次のような方法をやってはいけません。

・直接お肌を指先で擦る
・お湯の温度が高い
・弱酸性の洗顔料を使用
・拭き取りメイククレンジングで化粧を落とす
・すすぎを10回以上
・洗髪する前に洗顔をする

次にスキンケアでしてはいけないことです。
・乳液をつける
・ニキビ痕に美白化粧品をつけまくる
・コンシーラーでニキビ痕を隠す

お肌の内部の水分量が少ないとニキビ痕は改善しにくいのです。 まずはインナードライをなくすことを考えましょう。 では、インナードライにとってしなければならないことです。

1番目は、正しい洗顔方法をしましょう。
2番目は、保水性が髙い化粧水で丁寧にケアしてください。
3番目は「抗炎症作用成分」や「細胞賦活作用成分」を含む保湿剤で皮膚をカバーすることです。

以上、ニキビ痕の原因のスキンケアとインナードライ対策をご説明いたしました。 いかがでしょうか?――ニキビ痕のケアには即効性はないですし時間はかかります。 それは、お肌のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルの長さが個人差があるからです。