ニキビ化粧水 > ニキビの原因となる食物について

ニキビ肌を作る食材はコレ!

ニキビの原因となる食物について

ニキビの原因とされる食べ物は、多種多様ですが、まずは炭水化物の過剰摂取です。炭水化物は米、パン、麺類、芋類です。炭水化物は消化後、糖分へと分解、そして油分へと変化し、それを皮下脂肪として体に溜め込まれる等、皮脂の元になるのです。

ですから、炭水化物の過剰摂取は、皮脂分泌が盛んになるので、ニキビ予防としては注意が必要となります。

とは言っても、炭水化物は普段よく口にする物ですし、どうしてもたくさん食べてしまう事もよくあるかと思いますが炭水化物を摂取してはいけないと言う事ではなく、あくまでも過剰摂取にご注意下さいと言う意味であり、炭水化物そのものが、ニキビに悪影響を起こすと言う事ではありません。

ケーキやアイスクリーム、チョコレート菓子等の、糖分を多く含む食品も消化後糖分が油分へと変化し、皮脂分泌の働きを活発にするので、注意しましょう。甘い食べ物は、ついたくさん食べてしまいがちなのですがニキビを作らないようにする為にも、そこは我慢して、食べ過ぎに注意しましょう。

また、お煎餅などのもち米で作られている食品、パン等にも糖分がたくさん含まれており、これらも炭水化物ですからニキビを作らない為に必要以上に食べ過ぎないように気をつけて下さい。

油分の多い食品、揚げ物や牛肉、豚肉、鶏肉等の動物性脂肪は中性脂肪を増加させ、皮脂分泌を盛んにしてしまうので、くれぐれも注意して下さい。揚げ物等も、当然出来るだけ控えるようにしましょう。 牛肉や豚肉よりも、魚等の魚介類を多めに摂る方が好ましいです。

魚類に含まれる油分は、DHAやEPA等、血液をサラサラにしてくれる成分が豊富に含まれているので ニキビ予防には効果的です。また、ピーナッツやカシューナッツ等のナッツ類、スナック菓子も 油分がたくさん入っているので、食べ過ぎないように気をつけて下さい。

次に、辛い食品についてお話しします。 辛い食品は刺激物なので、胃や内臓に負担がかかりやすくなり、ニキビ予防としても望ましくありません。血行促進にも繋がりますので、かえってニキビがひどくなり、炎症も起こしやすくなる場合があります。

「中国や韓国の人は肌が綺麗な人が多いのに?」なんて質問がかえってきそうですが 日本人には、元々辛い食品を摂取するといった習慣がありませんし、体質そのものも異なるのではないかと思います。

そして、海藻類ですが海藻類に多く含まれるヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンを作る為には必要不可欠なミネラルなのですがニキビには良くありません。ヨウ素と言うのは、ハロゲン元素(塩素、フッ素、臭素等)と同類で、このハロゲン元素を摂取すると皮脂腺から外へ排出を促しますのでかえってニキビを作ってしまうのです。

ただ、海藻類を日頃たくさん食べると言う人もあまり多くないと思うのであまり過剰に考える必要もないかと思います。

最後に、飲酒についてお話しします。 思春期ニキビで頭を抱える人にはあまり関係のない話かもしれませんが 大人ニキビに悩んでいる人は、日頃の飲酒事情について心当たりはありませんか?

飲酒がニキビに悪影響をもたらす理由として アルコール類は、ニキビを作ってしまう原因になる糖分がたくさん含まれており、 糖分や皮脂代謝の働きを助けるビタミンB群を、たくさん消費してしまうのです。

飲み会や日頃の飲酒で、深酒をしてしまうと、その分内臓へかかる負担も増えてしまい、 生活リズムも乱れ、当然体調も崩しやすくなり、体へストレスを溜め込んでしまう事にもなりかねません。 飲酒量は飲みすぎにはくれぐれも注意し、飲酒後の顔を見て、皮脂で顔がテカテカになっていないかをチェックしてみて下さい。