ニキビ化粧水 >ニキビと思春期 

思春期ニキビの予防・対処法は?

ニキビと思春期

“ニキビ”と聞くと、思春期ならではのものと想像する人も少なくないかと思います。 学生時代に、ニキビが出来やすかったり、ひどくて悩んでいた…なんて人も実際にたくさんいるのではないでしょうか。

この世代の頃にニキビが出来やすいのは、皮脂の過剰分泌によるものです。 男女問わず、10代前半を過ぎた頃から、男性ホルモンが多く分泌されるようになり、 それが原因で、毛穴から過剰な皮脂分泌が行われるようになります。

ただ、10代の毛穴はまだ小さいので、皮脂が毛穴から排出される事がうまくいかず、 皮膚の汚れ等と共に毛穴に溜まりやすくなってしまっているのです。 その状態こそがニキビと言われる状態になってしまうのです。

思春期ならではと考えられるだけに、発生ニキビを完全に防ぐと言うのはなかなか難しい話かと思います。特に男性は、角質層が硬く、女性と肌状態もそもそも異なるので ニキビが出来てしまうと、ニキビ跡も残りやすくなってしまいます。

思春期に悩み事がたくさんあると、ニキビも出来やすいと耳にする事がありますがニキビが次々と出来てしまい、肌の表面が凹凸状態でぼこぼこになってしまうと余計に頭を抱える事になりますよね。

そんなニキビを予防する為には、やはり、まず顔を清潔な状態にしておく事、これは必要不可欠です。 朝晩の洗顔、肌のスキンケアを心がける、普段からそういったケアの積み重ねが大切です。

また、余分な皮脂を取る為に、1日に洗顔を何回も行ったり、 硫黄成分が含まれているニキビ薬で、ニキビ部分を乾燥させる等の対策も、ニキビ予防の一環としてよく聞きますがこれらの方法は、あくまでも思春期ニキビの観点から考えられた予防法です。

当然、日頃の食生活もバランスよく摂れているかどうか、振り返ってみて下さい。 ファストフードやお菓子等、間食する事も控えつつ、日々バランスのとれた食事内容になるように注意しましょう。やはり油分を多く含む食品や、動物性タンパク質の過剰摂取は避けた方が好ましいです。

そして、生活リズムも関係しています。夜更かしはせずに、質の良い睡眠をとる、早寝早起きのサイクルも重要です。ニキビが出来る要因の一つとして、精神的なストレスが密接な関係にあるともされているからです。

特に、学生時代は受験等で悩み事も多い時期です。そういった背景からも、思春期はニキビが出来やすいと言う事なのかもしれないですね。ストレスフリーな生活を送る為にも、運動や趣味等を日常生活に取り入れながらストレスとうまく付き合い、発散する事が出来れば良いですね。

何分、思春期=なにかと悩み事がつきないと言われる程なのでそれに伴い、ニキビがよく出来る状態も仕方ないのでは…と思われやすいでしょう。かと言って、そのまま放置するのも良くありません。 何故ニキビが出来やすいのか、根本的な理由は何なのか、きちんと考えてから対処するようにして下さいね。