ニキビ化粧水 > 内臓の不調が引き起こすニキビについて

内蔵の健康を取り戻してニキビを防止しましょう!

内臓の不調が引き起こすニキビについて

肌と密接な関係にあると考えられる内臓。“肌の写し鏡”とも言われます。様々な原因が考えられるニキビですが、精神的ストレスや、暴飲暴食による内臓への負担、さらには日頃慢性化している便秘等が原因としても挙げられます。

内臓の不調により発生するニキビは、口周辺に出来る事がよくあるので思い当たる節がある場合は、まずそれらの原因をクリア出来るようにしましょう。今回は、その中でも便秘によって発生するニキビの理由と、改善策をお話ししていきたいと思います。

便秘になるだけでもストレスを感じてしまい、負担をかけざるを得ない状況になり、体内で作られる活性酸素が増加する事で、ニキビを作ってしまうのです。便秘の状態が続いてしまうと、便が腸に溜まる時間も当然長くなるので腸内環境も荒れ、悪玉菌を増やしてしまう事になります。

悪玉菌は、たんぱく質を分解する働きがあり、インドールやスカトールといった毒素を作り、それが腸から吸収されてしまう事で、血液内にも取り込まれてしまうのです。それらの毒素が血液内に侵入すると、肌荒れを起こしたり、ニキビを作ってしまう原因になります。

そして、肝臓にも取り込まれてしまうと、当然肝臓に負担をかける事になり全身の代謝の働きを悪くしてしまいます。

日頃から便秘で悩む人は実際多いものの、一般的にはあまり深刻な問題として捉えられませんが 体のあちこちに色々な害を発生し、場合により病気になり死亡するケースもありえる程の、非常に恐い症状と言えます。

そこで、便秘を改善する為の方法をご紹介します。まずは体調に支障をきたすような無茶なダイエットは避けましょう。そもそも、便秘改善の為には、過度のダイエットは厳禁です。ダイエット中は食事制限があるので、便が作られる物質、材料が不足しがちになりますので 便秘を改善すると言う点では望ましくありません。

そして、食事内容も、食物繊維を多く含む食材を選びましょう。昨今の食の欧米化に伴い、日本人に不足がちになったとされる食物繊維。食物繊維は、便のかさを増やす事で、腸内にある善玉菌を増加させる事に繋がるので、便秘改善の為には、食物繊維が豊富な食事を多く摂取する事を心がけましょう。

食物繊維が多いと言われる食品ですが、豆類や緑黄色野菜、きのこ類や果物、そして海藻類になります。ただし、海藻に関しては、ニキビが出来やすくなる要因にも繋がる恐れがありますので、バランスよく摂取するようにして下さい。

また、精神的なストレスを、日頃から溜め込まないようにする事も大事です。ストレスは胃腸の不調にも繋がり、下痢や便秘の原因にもなりかねません。自分自身に合うストレス解消法で、普段からストレスフリーな生活を心がけましょう。

もちろん、運動する事もストレス解消になりますし、腸のぜん動運動を助けますので便秘改善には有効な方法です。

あとは、お腹のマッサージをする事も有効で、おへその周辺を時計回りに20回程度、くるくると回しながらマッサージしてみて下さい。マッサージをする際は、手が冷えているとお腹を冷やしますので マッサージ前に手を予め暖めてからすると良いでしょう。